美容外科医になるならバイト?それとも常勤?働き方の種類について

美容外科医として働く場合、バイトか常勤の2つに分かれるでしょう。
常勤だけが働き方のすべてではなく、バイトをしてかなり稼いでいる医師もいます。
これから美容外科医になりたい人は、働き方の種類について勉強すると良いです。

美容外科医の働き方である常勤とバイトの違いですが、働く時間によって区別される場合もあります。
原則として病院によって定められた勤務時間のすべてを勤務する場合、常勤と言います。

一方バイトとは非常勤とも言い、勤務時間が週32時間未満の場合と言います。
しかし常勤の医師が別の病院でバイトをする場合もあり、バイトの医師でも同じ病院に週32時間以上拘束される場合もあります。
美容外科医のバイトとは、学生やフリーターが行うバイトとは異なります。
バイトや非常勤と聞くと正規雇用ではないため、悪いイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし常勤として働く病院の他に、バイトとして別の病院でも仕事をするという働き方もあります。
少し前のデータですが2012年に24歳以上の医師たちを対象に、前月に勤務した病院の勤務先数の調査が行われました。
その結果バイトをしている医師が、過半数以上だったのです。

医師がバイトをすることは、珍しくないのでしょう。

その調査ではバイトをする理由の結果も明かされました。
最も多かった理由の回答は、収入を増やしたいからというものでした。
美容外科医に限らず他の科目の医師でも、バイトの時給の方が常勤よりも高い場合もあるようです。

常勤として働きつつ時間のあるときにバイトをすることで、収入が大幅に増える可能性があります。
そのため美容外科医になるなら常勤の仕事とは別に、バイトをすると良いかもしれません。

ちなみに2番目に多い理由は勤務先から指示されたから、3番目に多い理由は1つの勤務先だけでは生活が厳しいから、というものでした。
働く医師によっても様々な事情があるようです。

しかし積極的にバイトをして収入を増やそうとする医師もいるため、医師のバイトは必ずしもネガティブなものではないでしょう。
病院がバイトでも医師を募集する理由は、即戦力を求めているからかもしれません。
美容外科医となるために実力をつけたい人にとって、良い機会かもしれないです。

常勤だけで働く美容外科医もいるかもしれませんが、バイトだけで生活をすることは厳しいかもしれません。
給料の良いバイトがあれば常勤と両立させて、収入とともに活躍するチャンスを増やしてください。

“美容外科医になるならバイト?それとも常勤?働き方の種類について” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です