美容外科医として働くメリットとデメリットをまとめました

どの職業でもいえることですが、仕事にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
一見華やかな職業にみえる美容外科医ですが、どういったデメリットがあるのでしょう。具体的な仕事内容について、美容外科医のメリットとデメリットについて考えてみました。

まず、美容外科医として働くメリットです。

美容外科医として働くメリットの最も大きいものは、他の診療科目よりも生活する上でプライベートな時間を確保できるということです。
美容外科は緊急の診察というものはほとんどありません。
その日の勤務が終わった後は、自分のためや家族のための時間が取りやすいといえるでしょう。

実際に他の科に勤務していた頃よりプライベートな時間を確保することができるようになり、充実した日々を送ることができるようになったという声が多いのです。

その結果、ストレスを溜め込むこともなくなり心身ともに楽になったという意見が多くみられます。特に女性の美容外科医にとっては育児と両立することができるようになったという声も聞こえます。

もうひとつ大きなメリットとしては、美容外科医の収入の高さがあげられるでしょう。
美容外科は自由診療が主になりますので、他の勤務医に比べると美容外科医になることで収入がアップするケースが多いと言われています。

しかし美容外科に転職するためには、デメリットもあります。

まず、美容外科医には高度な技術が求められます。
それまでも高度な手技を必要とする科にいた医師であれば、それほど戸惑うこともないかもしれませんが、全く違う診療科から転向した場合は美容外科の技術を身につけるためにかなりの時間がかかることもあるでしょう。

前職での経験を活かせなかった場合、技術を習得するまでは収入がダウンしてしまう可能性がありますのでその点をよく検討する必要があります。

また、新しい職場で技術を習得する際は、自分よりも年齢が若いスタッフに仕事を習うこともあるでしょう。
新しい診療科目で働く場合は新人扱いとなってしまうので仕方のないことですが、そういった環境にも慣れる必要があるでしょう。

新しいジャンルに挑戦する際に、最も大切なことはなぜ美容外科医になりたいのかということを、自分自身でよく確かめることです。
今までとは違う環境に飛び込むのですから、本当にそれが自分のやりたいことなのかをきちんと考えることが必要となってくるでしょう。

いろいろ考えた末、やはり美容外科医としてやっていきたいと決めたのならば、なるべく早い時期に行動に移すことをお勧めします。
個人的な人脈があれば良いですが、そうでない場合は早めに転職エージェントと連絡を取り情報を集めるようにしましょう。

美容外科医は華やかな職業というイメージがありますが、地道な技術の習得や患者様とのコミュニケーションの取り方などいろいろな能力が求められます。
それを踏まえた上で、美容外科医という職業を検討してみる必要があるでしょう。

“美容外科医として働くメリットとデメリットをまとめました” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です