美容外科医で働くなら開業医と勤務医ではどちらが給料が高いのか

医師の間でも高い人気を誇っているのが美容外科です。
この美容外科で働くのなら、開業医となるのか勤務医となるのかの選択肢があります。
この開業医と勤務医では、どちらが給料が高いのかを考えてみましょう。

結論からお伝えすると、安定して給料を得たいなら勤務医です。
大きく稼げるチャンスがあるのが開業医ですが、反面で患者さんがいなければ収入がゼロになる可能性があります。
どちらを取るのかは、自身の考え方次第だと言えるでしょう。

ではもう少し詳しく美容業界の給料について見ていきます。
最初に考えたいのが勤務医となった場合には、どの程度の給料がもらえるのかということです。

近年では美容医療を利用する人も増えてきたことから、1000万円程度の年収であれば十分に可能だと言えます。
キャリアやどこで勤務するのかにもよるのですが、1200万円から1400万円程度のお給料をもらっている医師も少なくありません。

このことを見ても、かなり美容医療の分野はお金を稼ぐことができると言ってもいいでしょう。
特に大手のクリニックに勤務できれば、安定して高収入を得るのも難しくありません。

また最新の美容医療を学べるので、転職をするのなら早いほうがいいでしょう。

対して開業医となる場合はどうでしょうか。
当然ですが自身が経営者となるわけですから、得た分の収益から経費を除いた分が利益となります。
開業をする時にかかる費用などもあるため、それらを考慮すると簡単には開業できないかもしれません。

ただ先にもお伝えしたように、勤務医でも1000万円を超える給料が得られる世界です。
そのため成功すれば、かなりのお金を得ることも難しくありません。

ただ現状では美容外科医として開業する人も多いため、相当なアピールポイントがないと患者さんを集められないでしょう。
大都市の主要な駅前のビルには、大手の美容外科が入っていることが多いです。

他にも個人で開業をしている美容外科医が多いため、開業医となれば安易に稼げると考えるのは危険でしょう。
患者さんとしては豊富な実績があり、名前が通っている大手クリニックを選択したくなるためです。

ですので相当な実績がある、最新の美容医療に通じている、などの面がなければ開業医となるのは難しいでしょう。

美容外科で開業医と勤務医のどちらが給料が高いのかでした。
実は美容外科の分野は一般的な外科医と比較しても、給料が高いケースが多いです。

どのクリニックに勤務するかで変わりますが、1000万円程度の給料は難しくありません。
反面で開業医は大きく稼げる可能性がありますが、反面で患者さんがいなければ収入がゼロとなってしまいます。

“美容外科医で働くなら開業医と勤務医ではどちらが給料が高いのか” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です