美容外科を目指すなら免許取得後の何科で学んでおいた方が有利なのか

無事に医師免許を手にしてから美容外科を目指そうと持った時に、何科を選択するかを決めなければなりません。
多くの美容外科医が、美容外科に進む前に他の診療科目で経験を積むコースを選んでいます。

では、医学部卒業後、美容外科になるにはどのような科を選択することがベストなのでしょう。

医学部を卒業後、いきなり美容外科に進む人ばかりではありません。
むしろ美容外科医になる前に他の診療科目で経験を積む医師も多いのです。
その中でも特に多いのは皮膚科や外科系統からの転身といえるでしょう。

皮膚科での治療内容は美容外科と重なる治療も多く、そのため転職先に美容外科を選ぶ医師が多いのでしょう。
例えば、顔のシミやほくろの除去、アンチエイジングのためのボトックス治療などは皮膚科でも美容外科でも行なっています。

また外科の中でも特に形成外科の治療内容は美容外科と深い関係があるので、美容外科医に転身する医師が多いのではないでしょうか。
形成外科では、生まれつきのアザの切除などの美容外科と診療内容に共通しているものが多いのです。

それだけでなく形成外科の場合は、医療によって傷を修復するなどの技術は美容外科に欠かせない技術のひとつとなっています。
何よりも美容外科医に最も求められるのは、高い技術力ですが他の科で身につけた手技は、将来美容外科医になる時に大いにアピールできる経歴となるでしょう。

将来的に美容外科医を目指すのであれば、こういった美容外科でも通用するような技術を習得できる診療科目を選ぶのが賢明といえるでしょう?

今は皮膚科と美容皮膚科、形成外科と美容外科、など複数の診療科目を標榜しているクリニックもたくさんあります。
これらの診療科目を同時に備えることで、より幅広い治療をすると同時に患者様を獲得する上で大きなメリットとなるでしょう。

また、患者様の立場に立ってみてもあちらこちらのクリニックを掛け持ちするよりも、ひとつのクリニックで安心して受診できるというメリットがあります。
今や美容外科は、多くの大学病院の付属病院でも備えているほど社会に浸透し必要とされています。

ですから今後、需要が増えることが見込める診療科目となっています。
良い美容外科医になるために、卒業後どのような進路を選ぶかはとても大切な選択となっていくでしょう。

美容外科医を選ぶということはライフスタイルの変化にもつながります。
例えば美容外科では、緊急な外来などはほとんどありません。
ですから美容外科で働くという選択によって、医師として仕事とプライベートの充実を両立させることができるライフスタイルを手にすることができるのです。

“美容外科を目指すなら免許取得後の何科で学んでおいた方が有利なのか” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です