美容外科の医師が儲かると言われている理由は何なのか?

美容外科の医師は儲かると言われています。
この話は本当のことなのでしょうか。
ここでは美容外科の医師が本当に儲かるのか、その理由はどこにあるのかを考えてみます。

最初に美容外科の医師が儲かるのかという話ですが、これについては本当のことです。

勤務医の給料で考えてみると、外科や内科の場合はだいたい1000万円前後であるというケースが多いでしょう。
一方で美容外科の場合は、1200万円から1400万円程度であると言われています。
どのクリニックに勤務するのかにもよるのですが、大手クリニックの人気医師ともなると、勤務医でも3000万円以上の収入を得られることがあるようです。

給与面だけではなく、拘束時間や休日などの問題もあります。
特に忙しいとされる急性期の病院勤務だと、月に休みが1日も取れないケースも珍しくありません。
休日であっても患者の容態が急変することで、呼び出されることもあるためです。

その一方で美容外科では、拘束時間は長くありません。
ほぼ残業がないため定時で帰ることができますし、休日はしっかりと休むことができます。
こうした理由から、美容外科の医師は高い人気があるのです。

ではどうしてここまで給与面に差が出るのでしょうか。
その理由は大きくわけて2つあります。

1つは美容外科は自由診療である点です。
診療報酬を自由に設定できるため、クリニックごとに料金の設定が異なります。
また料金設定の上限などもありませんので、文字通り好きな料金を取ることができるのです。

つまり保険診療とでは、医師が報酬とできる額が大きく異なります。
そのお陰で収入が大きくなるのです。

もう1つは保険診療ではないため、広告宣伝ができる点でしょう。
各メディアで美容外科の宣伝広告を見たことがないという人は、かなり少ないほどです。
それほど各メディアに大手を中心として、美容外科は宣伝広告を掲載しています。
この広告効果というのは大きく、患者さんを集めるのに役だっているのです。

この2つの違いから美容外科は、一般的な診療科目と比べて収入が多くなっていると言えるでしょう。

開業医で経営が上手くいけば、年収が1億を超えるのも夢ではありません。
実際にそれだけの収入を得ている医師もいますので、ある意味ではチャンスの大きい診療科目だとも言えます。

美容外科の医師が儲かるのかについてでした。
結論をお伝えしますと、他の診療科目の医師よりも高額の収入を得ることができます。
その理由は美容外科が自由診療であること、それに付随して広告宣伝できることがあげられるでしょう。

“美容外科の医師が儲かると言われている理由は何なのか?” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です