事前に確認したい美容外科として開業する際の注意点やデメリット

比較的に美容外科というのは参入しやすい業種だと言えます。
そのため開業をしたいと考える医師も少なくありません。

確かに開業医になることのメリットはありますが、注意点やデメリットもあるので事前に確認をしておきましょう。

美容外科の開業医となる前に知りたい注意点なのですが、1つは資金の問題があります。
クリニックを立ち上げるとなると、かなりの資金がかかります。
なぜなら一般的な診療科目と違って、美容外科では清潔感や高級感が必要となってくるためです。

比較的に参入しやすい業種とはいっても、クリニックを閉めてしまう医師も少なくありません。
そのため最近では居抜き物件なども増えています。

結果として初期の資金を安くできるケースもあるのですが、それでもやはり1億円程度は用意しておく必要があるでしょう。
そこまでお金がかかるのかと思われるのかもしれませんが、入居費や改装費、医療機器の導入費用など1つ1つの条件を見ていくとかかってしまいます。

特に美容外科の場合は行う施術の範囲が広いです。
そのため医療機器だけでも、かなりの数が必要となります。
さらに設備費や宣伝費に運転資金などを考慮すると、どうしても資金は多くなるでしょう。

では美容外科を開業するデメリットも考えます。
最も大きいのが開業をしたとしても、直ぐに経営が黒字になるわけではないという点です。

経営が軌道にのれば勤務医とは比較にならないほどの、収入を得ることもできるでしょう。
その最大の障壁となるのが、ライバルとなるクリニックの存在です。
特に大手クリニックは宣伝にかけている費用も桁が違いますし、店舗の立地も利便性の良い場所を押さえています。

こうした状況で新参のクリニックが、曲がりなりにも患者さんにきてもらうには、相当な努力が必要です。
料金を安くすればいいのではと思われるかもしれませんが、医療というのは安ければいいわけでもありません。
なぜなら相場よりも安ければ、本当に大丈夫なのかという不安がでてくるためです。

そのためライバルのクリニックに打ち勝つためには、どのようなポイントをアピールするのかという戦略も重要になります。
こうしたポイントを考えずに、安易に開業医として参入すると失敗する可能性が高くなってしまうでしょう。

美容外科と開業する前に知っておきたい注意点についてでした。
比較的に参入しやすいとされる美容外科ですが、実は初期の資金が1億円程度はかかってしまいます。

またライバルクリニックが多いため、しっかりとした経営戦略がなければ患者さんを集めることができないでしょう。
この2点をデメリットとして把握しておくべきです。

“事前に確認したい美容外科として開業する際の注意点やデメリット” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です